小さな教室からの挑戦

小さな教室でのささやかな挑戦を書き綴ります。

2023-01-01から1年間の記事一覧

日々自由研究

今週のお題「自由研究」 自由研究は学生の頃にした記憶がない。やろうと思ったこともある。図書館かどこかで本を手に入れてやってみようとしたことはあるように記憶している。しかし、最終的に形にはなっていないように思う。 そんな僕は現在毎日のように学…

裏側を垣間見る

今週のお題「やったことがあるアルバイト」 あまり聞かないようなアルバイトとしては、正月の神社をしたことがある。 親戚が神社の関係で人手が足りないということで学生の頃にアルバイトをした。 おみくじ売場にいたり、書初め会場にいたりした。 そこで、…

上半期ベスト3冊

今週のお題「上半期ベスト◯◯」 7月に入り、早くも上半期が終わったことになる。上半期が終わったという印象はない。それでも新年から半年経ったと考えると、早いなとしみじみ感じてしまう。 さて、そんな上半期も相変わらず読書にいそしんだ。そこで、上半…

ちょうどいい金額

今週のお題「30万円あったら」 30万円あれば何するだろうか? 本当にちょうどいい金額だな、と思う。全く想像もつかない金額でもなければ、貯蓄に全て回そうという金額でもないように思う。 とりあえず、まとまったお金があれば本を買いたい、と常々思ってい…

もっぱらパン

今週のお題「朝ごはん」 朝食はご飯派ですか? パン派ですか? この質問は愚問だ、と思う。それぐらいどちらも当たり前のように食べている。 僕の朝はもっぱらパンを食べている。パンは準備がほとんどかからないのが大きな理由である。 パンは準備に時間がか…

算数授業をパターン化する~導入「問題をつくらせる」~

3年生「たし算とひき算の筆算」の授業。 おもむろに黒板へと1~9までかかれたカードを裏向けにして貼る。そして、筆算の式になるように□をかく。 「カードを引いて□に入れて筆算の式をつくりましょう。そしてそれを計算しましょう」と投げかける。 カード…

単純作業を代替してくれるもの

今週のお題「最近買った便利なもの」 お題通りではなく、自分が買ったものではない便利なものについて書いてみる。自分が買ったわけでなく職場に導入されてあるものについて書いてみる。 最近導入されたのが、自動紙折り機。これを使えばさまざまな大きさの…

全部読みたい

今週のお題「読みたい本」 「読みたい本は何ですか?」と聞かれると、「全ての本を読みたい!」と答える。 全てというと本当に全てで、図書館にある本は全て読みたいと思っている。理想は図書館で暮らし、いつでも本を手に取れる状況であることだ(笑)。 図書…

最近のプレイリスト

今週のお題「わたしのプレイリスト」 僕の最近よく聞くプレイリストについて書いてみることにする。 しかし、プレイリストというちゃんとしたものはない。YouTubeを見ていると、勝手にプレイリストのようなものをつくってくれるのでそれを参考にしてみる。 …

オブラートが苦手

今週のお題「好きなグミ」 グミはあまり食べません。嫌いというわけではないが、好きでもない。グミを食べるぐらいなら、ガムやチューイングキャンディーを食べることを選んでいるようにも思う。 今やグミを食べるときにはほとんどないが、小さい頃にグミを…

やっぱり合羽でしょ

今週のお題「レイングッズ」 レイングッズなんてそんなに意識して用意していない。雨をそれなりにしのげればまあ何でもいい、と思っている。 そんなレイングッズの中でこだわっているわけではないが、雨合羽はけっこう好んでいた。 これは僕だけの感じ方だっ…

ネガティブリストから始めよう

魔法の杖 子どもや若者が関わっている事件が起きると、決まって「今の教育(教師)はどうなっているんだ」という教育バッシングが始まる。ここでは、「教育(教師)がおかしくなっているから、○○という問題が起きる」という問題の立て方・見方が成されている。こ…

のびしろしか無いわ

今週のお題「おとなになったら」 幼少の頃に抱いていた感覚を思い起こしてみると、「30代ってずいぶん年寄りだ」と、思っていた。まあ、そんな年寄りに、とっくの昔になってしまっているのだが(苦笑)。 また、「大人になるとしっかりしている」と、思ってい…

有田『純度100%! 有田哲平のプロレス哲学』

プロレス好きで有名な有田哲平が考えるプロレスのあれこれを、読むことができる内容となっている。 一つひとつの項目がプロレスならではのものばかりで、どのようなことが書かれているかとても興味深く読み進めた。 そこで気になった記述を紹介する。 プロレ…

授業を通して行う学級経営

「授業づくりの方が大事か、学級経営の方が大事か?」「授業づくりが先か、学級経営が先か?」等と言う不毛な議論があります。 冷静に考えると、どちらも大事であり、同時並行的に行っていくということがわかります。よって、まず「授業づくりと学級経営はセ…

もう少しこもる

今週のお題「何して遊ぶ?」 いよいよGWが始まりました。カレンダー通りの出勤になるので、まだGWが始まったという感覚はあまりないが。 最近のGWは、「ステイホーム」の合言葉通りに、家にこもっていた。まあ、それで不自由さを感じていたか、と言われると…

遅くなりましたが・・・

新年度が始まっています。もう少し早く書きたかったのですが、遅くなってしまいました。 僕は、今年度算数専科というポジションになりました。そこに合わせて取出し指導というか少人数指導もときにするということになります。算数科の授業に向き合うことにな…

通級指導の拡充

特別支援学級担任をして抱いた思いや課題を記事にした。 kyousituchallenge.hatenablog.jp kyousituchallenge.hatenablog.jp 今回は特別支援学級担任をして思ったことを提言と言うほどではないが、考えを記事にしてみる。 それが特別支援学級よりも通級指導…

山盛り食べたいもの

今週のお題「盛り」 山盛り食べたいものは映画館のポップコーン、ざる蕎麦、フライドポテトだろうか。自分の好きなものを、そして山盛りにできそうなものを考えてみた。 昔、「中井正広のブラックバラエティ」という番組で、中居正広を含め出演者がこれなら…

特別支援学級での課題意識

前回は特別支援学級を担任して抱いた決意というか思いを綴った。 kyousituchallenge.hatenablog.jp もちろん、いいところがあれば課題もあった。そんな課題について今回は書き綴ることにする。 課題だと考えたのは、交流学級での学習について。いわゆる交流…

変わることを前提に

今週のお題「変わった」 教員は定期的に異動がある。講師の先生もいるので、毎年誰かしらが異動することになる。他の職種がどうかはわからないが、これに加え学年の変更もある。これらな教職の特異性でもあるだろう。 よって、1年毎に変化が訪れることにな…

やはり、全員に個別の指導計画を!

新年度が始まっているが昨年度の記憶が新しいうちに思ったことや気づいたことをまとめておきたい、と思う。特別支援学級を担任して抱いた決意というか思いを今回は書き綴ることにする。 やはり「全員に個別の指導計画を!」ということ。 個別の指導計画は、…

メモ帳を開示

今週のお題「メモ」 今回のテーマはメモについて。僕のメモについて開示してみる。 メモはスマホで主にしている。メモの取り方は二つの方法で行っている。 一つはメモアプリを使うこと。これはメモ帳にただメモをしているようなシンプルなアプリを使っている…

特別支援学級における1人1台端末を活用した指導・支援のまとめ

紹介してきた特別支援学級における1人1台端末を活用した指導・支援について、実践を通して思ったことをまとめてみる。 (1)一人一人の教育的ニーズに合った指導・支援ができる 特別支援教育の大切な考え方の一つとして、「一人一人の教育的ニーズを把握…

ケチってしまう

今週のお題「お花見」 今年は新型コロナウイルスが落ち着いてきたのもあり、久しぶりに花見らしい花見をした。同じように考える人が多いようで、花見らしく賑わっていた。 そんな花見には屋台が並んでいることが多い。定番だと焼きそばやりんご飴といったと…

価値づけることの方略

価値づけるということを考えて記事にしている。今回でいちおう終わりになりますので、よければ最後までお付き合いください。 kyousituchallenge.hatenablog.jp 前回、僕は「『価値づける』と『褒めること』は似ている行為ではあると思うが、全く同じ行為だと…

インクルーシブ(教育)を考える

先日、記事にした野口・喜多『差別のない社会をつくるインクルーシブ教育』を読んでからインクルーシブ(教育)について、うんうんとうなりながら? 考えている。 kyousituchallenge.hatenablog.jp とりあえず、インクルーシブに関する書籍を読んでいる。また…

引き受けつつ投げる

今週のお題「投げたいもの・打ちたいもの」 WBCは思った以上に盛り上がった。毎試合きちんと観戦していたわけではないが、一球速報等で一喜一憂していた。そして、連日なされるWBC関連のニュースは自分から追っていた。大きな声では言えないが普段はニュース…

野口・喜多『差別のない社会をつくるインクルーシブ教育』

出版されたときから気になっていた一冊。手に取ろうか迷っていたときに、出版記念セミナーに参加した。そこで執筆者の方々の話を聞いた。それを聞いて読んでみよう、と思い手に取った。 読んでみて思ったことは、迷っていたけど手に取ってよかったということ…

アプリで指導・支援

1人1台端末を利活用するとさまざまなアプリを使用することができる。そのアプリを使って指導・支援することができるだろう、と思った。 どのOSでもあるであろう「タイマー」のアプリを使用した例。 特別支援学級では、クールダウンの時間や切り替えるため…