小さな教室からの挑戦

小さな教室でのささやかな挑戦を書き綴ります。

【辻村深月】読むと内側から込み上げてくる

特別お題「わたしの推し

 

 「好きな作家はいますか?」と、聞かれたら僕は、間髪入れず「辻村深月」と、答える。それぐらい、辻村深月の作品を読んでいる。

 言葉にするのは難しいのだけど、辻村深月の作品を読んでいると、「ぐわー」っと何かが内側から込み上げてくる瞬間がある。鳥肌が立つような感じ。わかりにくいとは思うのだけど、僕はそう感じながら辻村深月の世界へと没入している。

 どの作品もおすすめなのだけど、辻村深月の作品は一つ一つがけっこう長い。文庫にするととても分厚くなっている。そして、それが上下巻になっているものもある。

 ということで、まずは上下巻になっていないものを手に取ってみれば、と思う。その作品を読んでみて自作を読むか読まないかを考えてみてもいいかもしれない。

 僕としては『ぼくのメジャースプーン』(講談社文庫)か『ツナグ』(新潮文庫)のどちらかを読んでみたらどうか、と思う。

 そして、『ぼくのメジャースプーン』を読んだなら、講談社文庫から出ている作品のどれかを読んでもらいたい。なぜなら登場人物がリンクしている作品があるから。それは文庫の帯に書いてあったりするので、その通りに読んでみてもらいたい。『ツナグ』を読んだなら、『ツナグ 想い人の心得』(新潮社)を読んでもらいたい。題名からわかる通り、続編ものである。

 今年も辻村深月ワールドに浸りながら過ごすことを楽しむこととしよう。