小さな教室からの挑戦

小さな教室でのささやかな挑戦を書き綴ります。

つぶやき

主たる者の心得

運動会が終わった。いつも思うことではあるが、体育主任は大変そうである。かなり他人事のようであるが(笑)。 でも、そんな体育主任の姿を何年も見てきて思うことがあったので、忘れない内にまとめておこう。 主任の仕事は仕組み(システム)を作るのが仕事。…

植物を愛でる

教育者として成長するために、修養として「植物を育てるとよい」と聞いたことはありませんか。何かの本か論文かで、目にしたことがあるように記憶している。でも、植物を育てるなんて…、と思い、植物を育てることもなく時間を過ごしていた。 ひょんなことか…

4000PV達成!

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。みさんのおかげで4000PV達成しました。 kyousituchallenge.hatenablog.jp 3000PVはけっこう早く達成したので、その調子で行けるのかな、と思っていたのだが、けっこうかかりました。最近はもう諦めるとい…

「がんばります」の重さ

先日、同僚の先生から「U-Tchallenge先生、○○しておいてくれない」との依頼があった。 僕としては「そんなに難しいことでもないし、迅速に取りかかればすぐに終わるだろう」と思った。 そして、「わかりました。明日には形にできるようにがんばります」と応…

なぜ好きではないのか?

職員室にいると、こんな声が聞こえてきた。 「歴史が始まるのか~、歴史苦手なんよね」と。 自分はどうだろうか、と考えてみる。 僕にとって苦手な教科は「理科」である。いつからなのかはっきりと思い出せないのだが、苦手であることは間違いない。 さて、…

新しい出会いを大切に

新しい年度になり、環境が変わる。誰にとっても大きな変化が訪れる。この時期というものを大切にしたい。この時期に見たもの、感じたもの、違和感を覚えたものが、新たな考えにつながることになるだろう。 でも、この時期に見たもの、感じたもの、違和感を覚…

3000PV達成

みなさんのおかげで、3000PV達成しました。このブログをご愛顧いただきありがとうございます。 2000PV達成から約3か月。少しずつではあるが、1000PVを迎えるのが速くなっている。書いている身としては嬉しい限りである。 とは言いながらも、こんなPVじゃあ…

元気が出る!

はてなブログのお題として「元気の秘訣」について、自分なりの感じ方を記事にしました。 kyousituchallenge.hatenablog.jp その後、元気が出るな、と思ったことがさらにあったので書いてみます。 僕が信頼している、尊敬している、慕っている人たちと会話す…

言わせてください!

久しぶりに一日担任をしました。前にも書きましたが、改めて言います。 kyousituchallenge.hatenablog.jp 毎日のように六時間も様々な活動を準備している僕たちってすごくないですか。他にも掃除や給食もあります。もちろん、事務仕事もあります。 それを毎…

手前味噌ながら

タイトルからもわかるように、今回は「手前味噌」なことを書きます。だから、ちょっと自慢たらしくなりますので、ご了承ください。 新学期になり、管理職から呼び出される。「何にもしてないけどな」と内心思いながら話を聞きに行った。 そこでは、「教育委…

いよいよ始まる

今日から仕事始めという方も多いのではないでしょうか? さすがに、今日が始業式ということはないか。いや、あるのかな? もうすぐで三学期が始まるということはどことも同じでしょう。 いよいよラストステージまで来た、という感覚だろうか。否が応でも力が…

冬休みの過ごし方

新しい年も間近になってきました。どの自治体でも冬休みが始まっていることでしょう。 さて、その冬休み。みなさんはどう過ごしますか? 今回は、冬休みの僕の過ごし方について書いてみることにする。誰が興味あんねん、という話だけど(笑)。 自分の冬休みの…

2000PV達成

今日、いつものようにブログのアクセス解析を開いてみる。何かの間違いではないか、と思えるような数字が目に飛び込んできた。そして、その勢いは止まることなく、アクセス数が伸びていった。あれよあれよと言う間に、2000PVを超えた。 どうして、こんなこと…

わかりあえないと思うけど

前の記事の続きです。 kyousituchallenge.hatenablog.jp まあ、いろいろと考えてみたのだけど、仕事で切羽詰まっているというのは、僕の課題ではない。だから、僕が勝手に首を突っ込むのは違うな、と。 だからと言って、放りっぱなしというわけではない。あ…

わからない

今から書くことは驕りでもあるし、今風の言葉で言うとマウンティングになりそうなことである。と、前置きをしたので許されるかな(笑)。 仕事量も多いわけではないし、複雑な仕事でもない。何なら前年度のものを踏襲すればいいことばかり。なのに、何故あんな…

長いは悪い

ある研究発表会に参加した。一つの授業を参観し、協議会にも参加した。 そこでは、授業者からの話があった。これは一般的流れであろう。 そこでの授業者の話が長い長い。一時間程の協議会であるが、二十分程話が続く。やっと協議が始まる。参観者から感想や…

すごいことをしてる!

ひょんなことから、ほぼ一日一つの学級に入ることとなった。さながら一日担任である。 算数専科ではあるが、他の教科もした。久しぶりの感覚を覚えつつ、二つのことを感じた。 一つは、忙しいけど楽しいということ。まあ本当にいろいろとやらないといけなく…

悶々とする

自分が人前で何かをするということは楽しい反面、辛いことでもある。なぜなら、他者に評価されることとなるからだ。実際に論評される場が設定されてる・されていないということは関係ない。設定されると実際に論評された言葉を受けることとなる。でも、設定…

SOSが見えない

こちらから見ていて、困っていそうだな、しんどそうだな、と感じる場面に出くわすことがある。 だけど、そこで右往左往している人はSOSを出さない。いや、出さないのではなく、出せないのかもしれない。 そして、もしかするとその人は困っていないし、しんど…

しんどいのかな~?

二学期も本格的に始まった。子どもたちもそうだが、教師もリズムがつかめていないように感じる。そして、まだまだ残暑厳しい。つまり、悪条件が揃いに揃っているということだ。 だからか、何だかどよーんとした空気が漂っているように感じる。はぁー、という…

熱くもなく冷たくもなく

明日から二学期が始まるという自治体もあるだろう。今の気持ちはどうですか? 久しぶりに始まる、と楽しみワクワクしているだろうか? とうとう始まってしまう、と苦しみガッカリしているだろうか? 僕たち教師がこのような思いを抱いているように、きっと子…

変な横並び

梅雨がやっと明けました。そうすると、今度は猛暑が続いています。本当に嫌になってしまう…。 七月に雨の日が多かったのでプール学習が予定通り進められなかったのではないでしょうか? 僕の学校もそうでした。 でも、日頃の行いのよい学年があり(笑)、その…

出しゃばってしまう

出しゃばってしまった。僕のしたことは、僕ができることではあるが、担任だってできることだった。そうならば、担任にしてもらったり、任せたりした方がよかった。 僕がすることで、U-Tchallenge先生って、やっぱり良いな、と思ってもらえる。実際、相手がそ…

1000PV達成

一昨日、いつの間にか1000PVを達成していた。みなさん、いつもご愛顧ありがとうございます。 ブログを開設して、約一年三か月。決して早いペースではないし、誇れるものでもない。また、このブログは自分の考えをまとめる、備忘録のようなものである。だから…

余裕の笑み

同僚の先生から、「U-Tchallenge先生は、いつも笑っているね、いいわ~」と声をかけていただいた。それに対して僕は「今は余裕があるので…」と、お茶を濁した言い方をした。 後からこのやり取りを振り返りながら考えてみた。まあ、あながち間違っていないよ…

さよなら平成、ようこそ令和

いよいよ「平成」が終わろうとしている。そして、「令和」を迎えることになる。僕は多くを「平成」で生きてきた。だから、「平成」が終わることに寂しさを感じている(もしかすると「令和」を生きる期間の方が長くなるかもしれないが)。 そして、テレビを見て…

ヒリヒリ感

この時期は何かとせわしない。新しい学級でのシステム構築、授業参観・家庭訪問、大量の配布物の回収等、とにかく忙しい。にもかかわらず、初めということで子どもや保護者との関わりに気を遣う。そこで、やはり前年度までの学級とのギャップを感じてしまう…

新年度始まり、ゆるやかに始まる

疲れが出たのか、最近は寝落ちが続き、ブログに手がつけられなかった… いよいよ新年度が始まりました。もう少し早く書きたかったのですが、遅くなってしまいました。 僕は、今年度算数専科というポジションになりました。時にはT1をし、時にはT2をする、とい…

「普通」が見えなくさせるもの

「自分の普通は普通じゃなかったのだね…」という、不満というか戸惑いのような声が漏れ聞こえてきた。 直接言われたわけではないので、その言葉に応えたわけではない。だけど、応えるとすれば、「まあ、そうですね」と言うだろう。そう言っちゃったら、油に…

引っかかるか?

先日、学校へ新たに導入されるシステムについての説明会に出席した。説明されたシステムは、個人的にはよいものだな、と感じた。学習の「個別化」を容易にできる。EdTecの文脈にも沿っている。上手く使いたいな、と思った。まあ、もちろん反発というか抵抗の…